石川県金沢市

石川県金沢市を、ご存知ですか?

詳しく知らないんで、調べてみました。

金沢市は、石川県のほぼ中央に位置する、石川県の県庁所在地で、1996年4月1日、中核市に指定されましたよ。

金沢市は長年の都市文化に裏打ちされた数々の伝統工芸、日本三名園の一つとして知られる兼六園、加賀藩の藩祖・前田利家の金沢入城に因んだ百万石まつり、さらに庶民文化(加賀宝生や郷土料理の治部煮等)などにより、観光都市として知られていますよ。

金沢市は2009年にはユネスコの創造都市に認定されましたよ。(国内では神戸市、名古屋市に続く3番目、クラフト&フォークアート部門ではアジア初)

また、金沢市は北陸地方を管轄する国の出先機関や大企業の北陸支社北陸支店が置かれる場合が多く、政治・金融において北陸地方の中心的な都市としての機能も担っていますよ。

金沢市の北西部は金沢平野で、犀川(別名おとこ川)、浅野川(別名おんな川)、金腐川(かなくさりがわ)、森下川(もりもとがわ)、伏見川、高橋川、内川が流れていますよ。

金沢市は日本海側気候で、年中湿度が高く、雲が発生しやすく、特に冬には雨・雪が降る日が多いですよ。

金沢市で比較的好天が多いのは4-5月と10月、夏にはフェーン現象が起きて最高気温が35℃を超えることもありますよ。12月から2月にかけては雪や雨が多く、雷を伴ってあられや雹が降ることもありますよ。

金沢市の農林水産業については、市内から周辺市町村へ広がる金沢平野では、北陸地方の他地域と並んでコシヒカリの主要な産地の一つですよ。

稲作だけでは採算が望めない農地については、小規模でも生産でき付加価値の高い作物、さつまいもや蓮根などの加賀野菜、梨などの果実の生産に移行する動きがみられますよ。

また、北前船の寄港地であった大野港や金石港から金沢港が整備され、ここを拠点とした水産業も盛んですよ。

金沢市の製造業として、現在でも金箔の製造は全国シェアの98%、銀箔は100%、市民1人当たりの和菓子購入額全国第1位ですよ。 また、大野地区では醤油の製造が昔から盛んで、現在も直源が製造している直っぺなどがありますよ。

金沢市の卸売・小売業については、北陸地方では二番目に大きな卸、小売業販売額をあげる商業都市であり(北陸3県に限ると最も多い)、百貨店・大型ショッピングセンター・や多数のブランドショップなどの集積がありますよ。

金沢市の中心部にある市内最大の繁華街、香林坊・片町地区には、百貨店大和本店をキーテナントとした香林坊アトリオや東急ハンズなどが入居する香林坊東急スクエア、アパレルなど多数の路面店が軒を連ねる堅町通りがありますよ。

また、香林坊に隣接する片町地区は、約1500もの飲食店がある北陸最大の歓楽街となっていますよ。

金沢市の中心部の主な商店街は香林坊商店街、竪町商店街、広坂振興会(商店街)、柿木畠振興会(商店街)、片町商店街(5TOWN’S=ファイブタウンズと称する)ですよ。

一方、金沢市のもう一つの繁華街である武蔵地区には名古屋鉄道系の百貨店めいてつエムザと近江町市場がありますよ。

なかでも近江町市場は、市場独特の風情が味わえることから訪れる観光客も多く、金沢市内の観光地のひとつとしても有名ですよ。2009年4月16日には市街地再開発事業により、近江町いちば館が開業しましたよ。

金沢駅周辺では北陸新幹線開業を控えた時期にさらなる開発が進み、駅東口横にイオン系列のファッションビルである金沢フォーラスが開業、金沢百番街では2007年5月26日にくつろぎ館がオープン、2011年3月3日にはトレンド館を大幅に改装したRintoがオープンするなど、駅ビルや駅ナカの商業施設の集積が進みましたよ。

また、北陸新幹線開業を受けて都市型マンションやビジネスホテルの集積も顕著ですよ。

金沢市では金沢大学や石川県庁などの公共施設が市街地から郊外へ移転したことや、イオンタウン金沢示野、アピタタウン金沢ベイ、ラパーク金沢(メガ・ドン・キホーテ)などのショッピングセンターやロードサイドショップが開業し、国道8号線沿いや山側環状道路および海側環状道路周辺などの郊外が著しく発展していることから、中心街の空洞化、購買客の流失が懸念されていますよ。

金沢市にある大学・短期大学として、金沢大学、金沢美術工芸大学(市立)、金沢工業大学、金沢学院大学、金沢星稜大学、北陸大学、北陸学院大学、金沢学院短期大学、北陸学院大学短期大学部、金沢星稜大学女子短期大学部がありますよ。

金沢市にある図書館として、石川県立図書館、金沢市立玉川図書館、金沢市立泉野図書館、金沢海みらい図書館、金沢市立玉川こども図書館、県国際情報ライブラリーがありますよ。

金沢市にある美術館・博物館・記念館として、石川県立美術館、、金沢21世紀美術館、四高記念文化交流館(石川近代文学館、四高記念館)、石川県政記念しいのき迎賓館、石川県銭屋五兵衛記念館・銭五の館、石川県立伝統産業工芸館、石川県立歴史博物館、他、などがありますよ。

金沢市にあるホール・劇場・その他の文化施設として、石川県立音楽堂(コンサートホール、邦楽ホール、交流ホール)、石川県文教会館、石川県立能楽堂、金沢歌劇座、金沢市文化ホール、金沢市アートホール、金沢市民芸術村、他、などがありますよ。

金沢市にある公園・緑地・運動場・野球場・グラウンドとして、西部緑地公園(石川県産業展示館、石川県立野球場、石川県西部緑地公園陸上競技場)、健民海浜公園、兼六園、金沢城公園、本多の森公園、他、などがありますよ。

金沢市にある体育館・アリーナとして、金沢市総合体育館、中央市民体育館、城北市民体育館、医王山スポーツセンター、いしかわ総合スポーツセンター、他、がありますよ。

金沢市の鉄道として、JR西日本(北陸新幹線、北陸本線)、JR貨物、IRいしかわ鉄道(IRいしかわ鉄道線)、北陸鉄道(石川線、浅野川線)がありますよ。

最寄りの空港として、小松空港がありますよ。小松空港へは金沢駅から小松空港連絡バスによって約40分(スーパー特急利用)で結ばれていますよ。

金沢市の路線バスとして、北鉄グループ(北陸鉄道、北鉄金沢バス、北鉄能登バス、北鉄奥能登バス、加賀白山バス、加賀温泉バス)、西日本JRバス、加越能バス、日本中央バス、金沢ショッピングライナーまちバス、コミュニティバス(金沢ふらっとバス)がありますよ。

金沢市の高速道路として、北陸自動車道、自動車専用道路として、のと里山海道がありますよ。

金沢市の港湾として、金沢港、大野港、金石港がありますよ。

金沢市の観光については、金沢市を含む金沢地域の観光入込客数は約761.8万人(2011年(平成23年))で、兼六園への来客が全体の2割を占めますよ。

金沢市の主な観光地として、兼六園、金沢城跡(石川門、三十間長屋)、長町武家屋敷跡(野村家庭園、長町友禅館)、東の茶屋街(旧東の郭)、にし茶屋街(旧西の郭)、妙立寺、他、がありますよ。

金沢市の行事・イベントとして、金沢百万石まつり、氷室開き、フードピア金沢、楽都いしかわ風と緑の音楽祭がありますよ。

金沢市の宗教施設として、市内には、神社が330余り、仏教寺院が390余りありますよ。

金沢市の神社として、金沢五社(宇多須神社、小坂神社、神明宮、椿原天満宮、安江八幡宮)、尾山神社、石川護国神社、大野湊神社、他、がありますよ。

金沢市の寺院として、卯辰山山麓寺院群(金性寺、龍国寺など)、小立野寺院群(天徳院、宝円寺、経王寺、妙喜寺など)、寺町寺院群(大蓮寺、妙立寺、伏見寺、西方寺など)、大乗寺、本泉寺などがありますよ。

金沢市の名産品として、加賀料理(かぶら寿司、ゴリ料理、治部煮、鯛の唐蒸し、鱈の白子、えびす)、笹寿司、くるみの佃煮、河豚の卵巣の糟漬け、醤油がありますよ。

金沢市の菓子として、愛香菓、あんころ餅、梅鉢最中、鬼くるみ佃煮最中、氷室饅頭、福梅、福徳せんべい、わり氷、他、がありますよ。

金沢市の日本酒として、加賀鳶、福正宗、加賀雪梅、黒帯、日榮、加賀鶴がありますよ。

金沢市の海産物として、甘エビ、寒ブリ、ノドグロ、加能ガニ、香箱ガニがありますよ。

金沢市の農作物として、加賀野菜(打木赤皮甘栗かぼちゃ、源助だいこん、さつまいも、二塚からしな)、せり、加賀太きゅうり、加賀つるまめ、ヘタ紫なす、加賀れんこん、赤ずいき、他、がありますよ。

金沢市の伝統的工芸品として、金箔打紙製法https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%B6%E3%82%89%E3%81%A8%E3%82%8A%E7%B4%99あぶらとり紙、郷土玩具(加賀人形、加賀獅子頭、加賀八幡起き上がり、米食いねずみ)がありますよ。

金沢市の伝統芸能として、加賀宝生(宝生流能楽)金沢素囃子(邦楽)、加賀鳶がありますよ。

金沢市にある温泉として、金沢温泉郷(湯桶温泉、犀川峡温泉、深谷温泉、曲水温泉)、有松温泉、円光寺温泉、他、がありますよ。